システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発の進め方|進捗に遅れを出さないためのコミュニケーション術

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/02/24


近年、日本でもオフショア開発というものが注目されてきています。オフショアというのは海外を意味する言葉ですから、必要な技術者を海外で調達することを指すのです。オフショアにするメリットは、日本人技術者と同等以上のスキルを持つ現地のエンジニアを格安で雇えるということでしょう。しかし、オフショア開発の進め方は難しいものです。

高額な欧米のエンジニアはメリットがありません

日本人技術者と同等以上に優秀な技術者は世界中に数多く存在します。欧米諸国の一流大学を卒業した人たちには、日本人以上に優秀な技術者が多いようです。しかし、欧米諸国のエンジニアを雇った際の人件費は日本人以上に高額となっているため、それではメリットがありません。

オフショア開発の対象地域としては、できるだけ日本から近い国が推奨されています。中国やインド、ベトナムなどが中心となっているようです。基本的には、現地に法人を設置してそこで活動をします。しかし、業種によっては、オンラインのシステムを使って在宅勤務で処理できるようなものも多数あります。

たとえばソフトウェアの開発があります。ソフトウェアの開発であれば、現地の法人事務所に集まって一緒に作業をする必要はありません。作業の中心となる人は現地の法人事務所にいますが、エンジニアはどの国からでもアクセスできます。インターネットが発達してきていますから、無料で使えるインターネットの技術を使いましょう。

近年ではチャットやメールだけではなく、ビデオ会議などを通してソフトウェアの開発ができるようになりました。リアルタイムで物事を進めることができるというメリットがあります。すべてのエンジニアがひとつの事務所に集まって作業をするとなると、通勤交通費だけでも高額な経費となるでしょう。

進捗に遅れを出さないためのコミュニケーション術

オフショア開発はいわば時間との勝負ということができます。インドや東南アジア地域の優秀なエンジニアたちの技術も年とともに変化するのが当たり前ですし、問題は人件費です。たとえば中国の技術者の例をみてみましょう。従来は中国の人件費が安かったので、日本の企業はこぞって中国に進出していきました。

しかし、現在では中国の人件費は高くなっています。そもそも日本の企業がオフショア開発に乗り出すには理由があります。優秀な技術やスキルを持つエンジニアが格安で雇えるという点でしょう。人件費が日本人よりも高ければオフショアには意味がありません。

そのために一番大切なのは情報収集です。インドや東南アジア諸国のエンジニアたちの技術力をリアルタイムで確認しておくことは必要でしょう。

もう1つ大切なことは、オフショアのエンジニアたちの給与水準です。中国のように人件費が高騰してしまえば、もはやオフショア開発の中心地として使うことはできません。オフショア開発の進め方では進捗に遅れを出さないためのコミュニケーション術というのが必要です。コミュニケーションの中心となるのは英語です。日本人でも近年では英語力が格段に進歩してきているため、東南アジア諸国でも通用するようになりました。

失敗事例から学ぶことがとても大切です

オフショア開発の進め方を成功させるためには、1つ大切なポイントがあります。多くの企業が失敗した例について、その原因を考えておくことです。すべての失敗には原因があり、その原因を突き詰めて考えておかないと、類似した失敗をするということにつながりかねません。数多くのオフショア開発の失敗事例から学ぶことは大切です。

1番身近な例としては中国があります。中国は人件費が安かったので、多くの企業が中国に進出していきました。ところが経済発展とともに人件費もどんどん増大していったのです。現在では経済的に豊かな企業でないと、中国のエンジニアは使えません。

今注目のエンジニアといえば、東南アジア諸国でも限られています。具体的な例ではフィリピン、ベトナム、インドが挙げられるでしょう。それに加えて、近年ではタイやカンボジアのエンジニアの技術力が注目されてきています。タイやカンボジアのエンジニアの特徴は人件費が極めて安いということです。

どの国のエンジニアを採用するにしても、ネイティブレベルの英語力を持っているので、コミュニケーションの面で悩まされることは少ないでしょう。

 

オフショア開発を成功に導くためには、確かな現地情報の収集が必要です。インターネットが発達してきていますから、インターネットを駆使すれば現地情報を確認できるでしょう。エンジニアの技術力や給与水準もネットで確認できます。人件費の安さは一過性のものであるケースもあるため、長期的にみて取引できそうか判断することが大切です。また、オフショア開発を進めるにあたっては、自社社員の語学力を磨いておく必要があります。スムーズに開発を進めるためにも、必要なスキルだといえるでしょう。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧