システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発で海外の人とのコミュニケーションはどうするの?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/18

オフショア開発に興味を持っていても「コミュニケーションに障壁があるのでは」と心配な方は多いかもしれません。海外への外注になるため、意思疎通の方法は大きな課題だと考えられるでしょう。実際にはどのようにしてやり取りをしているのでしょうか。この記事ではやり取りに使用されている方法や言語などを詳しく紹介します。

コミュニケーション言語は英語が基本

多くの人にとって海外とのやり取りで大きな悩みになるのが言語でしょう。オフショア開発の場合には東南アジアの業者を利用するのが一般的なので、ベトナム語やマレーシア語などの現地の言葉を使用しなければならないのではないかと思うかもしれません。社内に東南アジアの言語を話せるエンジニアがいれば大した問題ではないかもしれませんが、なかなか語学に長けているエンジニアはいないので難しい部分でしょう。

しかし、実際には共通語として用いられているのは英語です。英語でコミュニケーションを取れるエンジニアがいればスムーズにやり取りをすることができます。

オフショア開発を行っている業者ではエンジニアの英語教育を徹底してグローバルな事業を展開しています。もともと東南アジアではグローバル化の視点から英語教育に力を入れていて、高等教育まで受けている人たちは英語を話せる人が多いのが実態です。エンジニアはかなり教育を受けてきている人たちなので安心して英語で意思疎通を行えるでしょう。

なお、契約書などもすべて英語で作成する仕組みになっていますが、必要に応じてフォーマットは業者のほうで用意してもらうことができます。海外とのやり取りが初めてで契約書を作成するのが大変だと考えている場合にも安心です。

手段は電話会議とメールとチャットが一般的

海外とのコミュニケーションの方法としては何が使われているのでしょうか。国内でアウトソーシングをするようなときには、どちらかの企業が他方の企業を訪問して対面で打ち合わせをするのが一般的です。

しかし、オフショア開発では対面での打ち合わせをすることはあまりありません。スピード感のある契約と開発を進められるようにするためにオンラインツールを用いてコミュニケーションを取るのが一般的になっています。

最もよく用いられているのは電話会議システムです。ウェブ会議システムが開発されたことで気軽にオンライン会議を開けるようになりました。Zoomを代表とするビジネスシーンでよく用いられているウェブ会議システムで打ち合わせをして開発内容について調整を行い、メールで書面を送って契約書を交わすというのがよくある流れです。その後の開発の進捗に関する定期的な報告会もウェブ会議で行われるケースが多くなっています。

また、日常的な担当者ベースの打ち合わせでもウェブ会議も用いられますが、メールが好まれているのが通例です。東南アジアの諸国とは時差が大きくないのでウェブ会議をするのにそれほど負担はないものの、クライアント側の業務に支障をきたさないようにメールを使うことが多いというのが実態です。

細かな話をするときにも記録を残してわかりやすくするためにチャットを使うことがよくあります。日本人の中には英会話をするのは苦手だけれど、文章は書けるという人もいるでしょう。その場合には希望すれば普段のコミュニケーションはチャットにしてもらうこともできます。確実な意思疎通をするのは大切なことなので、希望する場合には早い段階で申し出ておくのがよいでしょう。

通訳を利用するケースもないわけではない

オフショア開発をするときに言語の問題が生じてしまった場合には通訳を利用することもできます。基本的にはアウトソーシング先の業者は英語で会話も読み書きもできるので問題はありませんが、依頼主の方が英語力不足でコミュニケーションが難しいこともあるでしょう。

日本からの依頼が増えてきている影響もあって、業者によっては通訳を用意してくれます。日本語と現地の言葉の通訳をしてくれるのでウェブ会議で打ち合わせをするときには助かるでしょう。

メールについても翻訳して転送してくれるサービスがある業者もありますが、基本的には日常のやり取りについては翻訳してもらうことはできないので注意しましょう。社内でリソースを確保するか翻訳ソフトなどを使って英語か現地の言葉にして送ることが必要です。

 

オフショア開発をするときには言語と距離の問題があってどのようにしてやり取りをするのかが疑問になりがちです。アウトソーシング先ではグローバルな事業展開をしているので共通語を英語としています。

コミュニケーションはすべて英語になり、契約書などもすべて英語で作成することになると覚えておきましょう。現地の言葉を使ってコミュニケーションを取ることもできますが、基本的には英語を使えれば問題はありません。

大きな打ち合わせはウェブ会議システムを利用するのが一般的で、テレビ会議システムを準備せずとも連絡を取れます。また、日常的なコミュニケーションではメールやチャットが使われることが多く、必要に応じてウェブ会議も行われているというのが通例です。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧