システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発はどんな企業が利用する

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/10

オフショア開発を活用する企業も増えてきていますが、どのような企業で有効活用できるのかご存じでしょうか。自社で取り入れるべきなのか、あまり向かないから使わないほうがよいのかがわからずに困っていることもあるでしょう。そこで今回は、オフショア開発でできること、どのような企業が使うのが合理的なのかを解説します。

オフショア開発によって何が可能なのか

オフショア開発を利用するメリットが大きいかどうかは、企業にとって大きな課題を解決する手段になるかという観点で評価することができます。そのため、どのような課題解決に使えるサービスなのかを見極めるのが重要です。

オフショア開発は海外へのシステム開発のアウトソーシングというのが基本です。実際にはシステムのテスターやデバッガーなども担ってもらうことができるため、システム開発の全体をアウトソーシングする必要はありませんが、開発に関わる業務の一部またはすべてを任せられると考えるとよいでしょう。

つまり、端的にいってしまえば、システム開発を社内で行うのが難しい状況に陥っているときに有効活用できます。とくに海外へのアウトソーシングが優れているのは人件費が安い影響でコストが少なくて済むことです。また、リソースが豊富なので短い納期での開発を依頼することもできます。

対応できる開発内容もかなり幅広くなってきているので、海外に目を向けてみると短納期かつ低コストで多岐にわたるシステム開発を進めることが可能です。基本的にはアウトソーシングなので企画から開発まで一通り任せられるという点でも優れていて、必ずしも仕様書や設計書まで作成しなくてもよいのもメリットでしょう。

オフショア開発が有用なのはリソース不足の企業

オフショア開発が有用な例としてまず挙げられるのはリソース不足のシステム開発系の企業です。とくに委託を受けて開発をしている企業が該当します。

自社でオリジナルのシステムを開発している場合には、アウトソーシングしてしまうとオリジナリティーが失われてしまうでしょう。もしオリジナルのシステムのカスタマイズなどを依頼してしまうと、自社の貴重なシステムのソースが他社に奪われるリスクが生まれてしまいます。NDA下で業務をアウトソーシングするとはいえ、悪意のある人がいないと完全にいい切ることはできないので注意しなければならない点です。

しかし、委託業務であれば要件を満たすシステムを開発すればよいというだけで、必ずしも高いオリジナリティーを盛り込む必要はありません。内容を取捨選択して一般性の高い部分をアウトソーシングし、自社でやらなければ独自性が保てなくなるような部分は社内で開発するといった切り分けをすると有効活用できるでしょう。

このような使い方をすることで社内リソースをあまり使わずに開発を進められるようになります。人材確保で困っているような企業や、業務依頼に波があって正社員の採用数をある程度は制限しておきたい企業ではとくに有効です。

自社開発をしていない企業でも有用

自社開発をしていない企業がシステム開発をしなければならなくなったというときにもオフショア開発は有用です。社内リソースではシステム開発ができないけれど、クライアントの要求に応えるには既存のシステムでは充分ではないというケースが典型例でしょう。

システムインテグレーターではオフショア開発を使う価値があるということです。システムインテグレーターでも自社開発が可能な場合がありますが、スキル不足やリソース不足で対応が難しい場合があります。その際に海外にアウトソーシングして開発を進めてしまえば社内負担は最小限に留められます。

また、自社開発できるエンジニアがいない状況で、社内システムを作りたいといった企業でも活用可能です。自社に特化したオリジナルの業務システムを開発して欲しい、宣伝用のアプリを制作して欲しいなどといった要求にも海外業者は対応してくれます。

アウトソーシングできるのでコンセプトや要求さえまとめておけばきちんとシステムに仕上げてもらうことが可能です。国内へのアウトソーシングと比較して安上がりになるのは大きなメリットなので活用している企業も多くなってきています。

 

海外へのアウトソーシングによるシステムの開発が可能なのがオフショア開発の特徴で、リソースを大量に確保して迅速な開発を進めつつ、コストも抑えられる手段として注目されています。業務委託によってシステム開発を請け負っている企業やシステムインテグレーターでは利用価値が高く、とくに案件の量に波がある場合には正社員雇用をするエンジニアの数を最小限に抑えることにもつながるでしょう。

コストが低いので、事業利益にも大きな影響を与えない運用をすることもできます。また、自社開発ができない企業が社内システムやオリジナルアプリを開発するといったときにもコストを削減して開発を進められるのが魅力です。システム開発をアウトソーシングできるという観点で考えると利用できる企業は多いのです。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧