システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

短納期の開発が入ったときにはオフショア開発を利用しよう

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/24

短納期の開発依頼が届いて本当に対応できるかどうかで悩んでしまうこともあるでしょう。この契約をすべきかどうかと迷ったときにはオフショア開発を活用するのが賢い方法です。なぜこれが解決策になり得るのでしょうか。どのような考え方で利用すべきなのか、利用するメリットとデメリットは何なのかを詳しく解説するので参考にしてください。

オフショア開発で納期対策をしよう

納期対策としてオフショア開発を使う方法はだんだんと注目されるようになりました。短納期での依頼が来たときにはリソースを集中させなければならないのが一般的です。しかし、他の案件に対応しているスタッフが多いと、いかにしてリソースを確保するかが大きな課題になります。

とくに納期が短い案件ではそれを理由にして利幅を大きく取ることはできますが、もともとの原価があまり高くないので人件費も含めて考えた実質的な利益はそれほど大きくはなくなってしまうこともあります。エンジニアの単価は高いことを考慮すると、その短納期の案件のためにフリーランスエンジニアを起用していてはコストに見合わない結果になってしまいがちです。

その対策として有用なのがオフショア開発で、東南アジアを中心とした海外の開発リソースを利用することで効率的に開発を進められます。社内リソースの負担を軽減することでトータルコストをカットしつつ、クライアントからの要求にも応えられて良好な関係ができ、実績も作ることができる方法なのが特徴です。

オフショア開発で短納期の案件に対応するメリット

オフショア開発は納期の長さに関わらず活用することができますが、とくに短納期の場合に利用するメリットは何なのでしょうか。このシステムを三か月で納品して欲しいといったかなり無理があるような依頼があったとしても、オフショア開発を使えば対応できる可能性があるのです。

社内リソースを使うとしたら他の案件をすべて止めても難しく、今からフリーランスエンジニアやアルバイトを雇ったとしても募集してようやく採用できた頃には納期が目の前になってしまうでしょう。しかし、オフショア開発なら契約にかかるのが数日というスピーディーな対応をしている業者もあり、スムーズに開発を始めてもらえます。

しかもいつでも動けるエンジニアが数千人単位で所属している業者もあるため、開発規模に応じて必要なスキルを持っているエンジニアを充分な人数まとめて投入してもらうことができます。社内では2人が限界で1年はかかると考えられるようなシステムでも、海外にアウトソーシングすることで8人かけて三か月で納品するといったことも実現可能なのです。対応のスピード感とリソースの豊富さは短納期のときに優れている点でしょう。

また、案件の種類によっては前半をアウトソーシングし、後半を社内で行うといった使い方も可能です。基本的な部分を一通りオフショアで進めてもらっておき、難しい部分やオリジナリティーのある部分は自社開発して統合するというやり方ができます。

これによって開発初期の社内リソースを減らせるので、契約時点でまだリソースをほとんど確保できないような場合でも遅れが生じるリスクが減ります。そして、計画的に社内リソースを確保できるようにして開発に合流させればスムーズに短期間で開発を終えられるでしょう。

オフショア開発を使うデメリット

オフショア開発を短納期の案件で利用するときにはデメリットもあります。初めて利用するときにはどの業者に依頼するかから吟味を始めなければならず、慣れていないとどのようにして案件の内容を説明して作業に取り掛かってもらったらよいかを判断するのに苦労しがちです。

仲介してくれる会社を利用するとスムーズに進みますが、やり取りに余計な時間がかかってしまうことも否めないでしょう。この点を克服するためには普段からオフショア開発を活用するようにして、短納期の案件があったときにもスムーズに利用できるようにしておくのが大切です。

また、オフショア開発をするとコストがかかるのは確かで、コストパフォーマンスが上がるやり方を検討することも必要になります。クライアントとの相談のときに外注費を算定してやや契約額を大きくするのが賢明なやり方でしょう。国内でアウトソーシングするのに比べると安いのは確かですが、社内で開発するのに比べるとコストがかかる場合も多いので注意しなければならない点です。

 

短納期の案件に対応するのは大変になりがちですが、社内リソースが限られているときでもオフショア開発を使えば対応できる可能性が充分にあります。案件を断ってしまうとクライアントとの信頼関係が失われるなどの問題もあるので、要求が高いときにもうまくアウトソーシングを活用して応えていきましょう。

海外では大勢のエンジニアを抱えていて、必要人数をかけたスピーディーな開発をしてくれます。普段からうまく使っていくようにすることで短納期の案件が入ってきたときにもスムーズにアウトソーシングできるようになるでしょう。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧