システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショアとニアシェアの違い

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/21

システム開発をするときに自社でエンジニアを集めての開発が難しいケースもあります。そんなときに開発を委託することで、優秀なエンジニアを確保できるだけでなく、人件費などのコストも抑える効果を得られます。委託する方法としてオフショアとニアシェアが存在するので、違いを事前に理解しておき委託先を迷わないようにしましょう。

オフショアは海外に開発を委託する

オフショアやニアシェアはシステムやアプリを開発するときに役立つサービスですが、委託する場所に違いがあります。オフショアは沖合という意味を持っており、そのネーミング通りに海外に開発の業務を委託することになります。

元々は金融用語としても使用されていましたが、オフショア開発として海外のエンジニアなどの技術者に業務を委託するときにも使用されるようになりました。業務を委託する国としては、東南アジアや中国やインドなどの国になりますが、日本でエンジニアを確保するよりも安価にシステムなどを開発して貰うことができます。

特に東南アジアはIT分野のサービスが進化している国でもあり、ITの知識を豊富に持ったベトナムの若者などが活躍してくれます。IT分野は常に新しい知識が求められるようになるので、柔軟に知識を吸収していける若者が存在する東南アジアは非常に魅力があります。

同時に日本人の人件費よりも大幅に安価な人件費で仕事を任せることができますから、開発コストを大幅に削減することが可能です。グローバル社会としての新しいビジネスの形でもあるので、これからより一層多くの企業で求められていくサービスになります。

ニアシェアは日本国内の地方に開発を委託する

オフショア開発は海外のエンジニアにシステム開発などの業務を委託することになりますが、ニアシェアは基本的に日本国内の地方都市などに業務を委託することになります。ニアシェアの場合は外国人のエンジニアを頼るのではなく、地方都市に存在するエンジニアに開発を任せる形になります。

東京などの大都市よりも、地方都市のほうが人件費は安価になりやすいので、開発コストを削減したいときに利用されるサービスです。ニアシェアの場合は基本的にエンジニアも日本人が多くなってきますから、開発をするときに言語の壁が発生しない魅力があります。

大切なシステムやアプリを開発するときに、委託先とコミュニケーション不足になってしまうとトラブルが発生する可能性もあるので、日本語でしっかりと会話できるのは嬉しいポイントです。ただ日本国内の企業に委託することになるので、オフショア開発のように人件費を大幅に削減するのは難しい特徴もあります。

打ち合わせをするときに国内を頻繁に移動するような状態になると交通費などが発生しますから、想像していたよりもコスト削減ができない可能性も高いです。またニアシェアの場合は再委託のようなことをする企業も存在するので、再委託をするのかどうかを事前に確認しておかないと、トラブルになることが想定できます。

オフショアとニアシェアはどっちが魅力的なのか

オフショアとニアシェアはシステム開発などを委託する部分は似ていますが、委託する先が国内になるのか海外になるのかで大きな違いがあります。どちらにも魅力はありますが、コスト削減を真剣に考えた場合は海外のエンジニアに活躍して貰えるオフショア開発を選んだほうが安心です。

ニアシェアは地方の日本人のエンジニアに開発を任せられるので言語の心配はありませんが、そもそも日本国内ではエンジニアが不足しているので、人件費の負担を減らせない可能性が高いです。

地方でもエンジニア自体の価値が高まっていますし、エンジニアの仕事は基本的に離れた所からでも働ける特徴がありますから、優秀なエンジニアには日本各地から仕事が殺到しています。そのためニアシェアのサービスを利用しても人件費を大幅に削減するようなことは難しく、仮に人件費を大幅に削減できるのであれば、今度は開発の質に不安があります。

その点オフショアは海外の優秀なエンジニアを活用することになるので、人材不足になっているようなこともないですから、安定して安価な人件費で開発を任せられる環境を得られます。そのため日本のエンジニアにだけ目を向けていると開発コストで大幅に損をしてしまう可能性が高く、賢く海外のエンジニアを活用した企業のほうが利益を確保しやすくなるはずです。

 

オフショアは海外のエンジニアに開発を委託することになり、ニアシェアは日本国内の地方都市のエンジニアに開発を委託する所に違いがあります。何方も人件費を抑える効果を狙えるので、結果的に開発コストを削減することが可能です。

しかし日本国内ではエンジニアが不足している現実があり、海外のエンジニアに開発を任せるよりも、人件費のコストが高くなる可能性が高いです。システムやアプリを開発するコストを上手く削減できれば、経営状態も良くなる筈ですから、状況に応じて利用したいほうのサービスを活用するのが重要になります。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧