システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

英語が話せなくてもオフショア開発は利用できる?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/21

システムやアプリの開発は専門的な知識を持つ人材が必要となるため、国内で人材を確保しようとするとハードルが高いです。そんなときにオフショア開発のサービスが役に立ちますが、海外の人材とのやりとりが発生するため英語ができない場合でも利用できるかが気になります。そこで今回は、オフショア開発における英語の必要性を解説します。

オフショア開発は英語が話せなくても大丈夫

システムやアプリを開発したいときにオフショア開発のサービスはとても役立つ存在です。オフショア開発は日本国内ではなく海外のエンジニアなどの技術者の力を借りることで、開発をスムーズにおこなっていく特徴があります。日本では優秀なエンジニアは争奪戦になり、人員を確保しておくのが難しいですし、何よりも人件費が高くなってしまう可能性が高いです。

オフショア開発であれば自社でエンジニアを雇う必要もないので、集中的にアプリやシステムを開発したいときにだけ、エンジニアの力を効率的に借りることができます。オフショア開発のサービスを提供している会社はたくさんあり、東南アジアのベトナムに拠点を置いていることが多いです。

ベトナムには優秀な若者がたくさん存在する特徴があり、ベトナム政府自体がIT特区を設けて、ITに力を入れている魅力があります。ベトナムの人達をシステム開発などで活用することにより、人件費の部分を圧倒的に抑えることができますから、効率的な経営を実現することが可能です。ベトナムや海外の人達に開発を任せるときに、英語やベトナム語などが話せないとサービスを利用できないのではないかと不安になりますが、実際には日本語だけでサービスを利用することができます。

ベトナムのオフショア開発の会社の多くは、エンジニアとしてのスキルだけでなく、日本語に対応できるのかも重視して人材を確保している特徴があります。すべての人材が日本語を流暢に話せないような会社でも、しっかりお客さんとコミュニケーションが取れる日本語に慣れた人員が必ず存在する筈です。

ブリッジシステムエンジニアなどがサポートしてくれる

日本からのお客さんが海外のエンジニアなどの技術者に開発を任せるときに、コミュニケーションが重要になりますが、ブリッジシステムエンジニアが役立つ存在になってくれます。ブリッジシステムエンジニアにはネーミング通りに橋渡し役をするシステムエンジニアが該当してくるので、日本と海外を橋渡しするためのサポートをしてくれる素敵な存在です。

日本向けにサービスを展開している会社に在籍しているブリッジシステムエンジニアの多くが日本語で流暢に話すことができますから、日本人のお客さんは普段通りの会話で開発を任せることができます。

ブリッジシステムエンジニアは日本側と海外側で仕事を進めていくときの調整役も担いますから、非常に重要な存在になるので、どのような人物が対応してくれるのかを確認しておくのが大切になります。そのためプロジェクトが成功するのかどうかはブリッジシステムエンジニアの質が大きく影響すると考えても過言ではありません。

プロジェクトマネージャーは日本人のケースがある

オフショア開発の会社ではすべての人員が外国人なのではなく、一部に日本人が含まれているケースがあります。日本人が担当している仕事はプロジェクトマネージャーであるケースが多いですが、プロジェクトマネージャーはプロジェクトの計画や実行に対して総合的に責任を持つ立場になるので、ブリッジシステムエンジニアと同様に重要な存在になってきます。

会社によってもいろいろと違いがありますが、日本人のプロジェクトマネージャーがお客さんとのコミュニケーションをすべて担うケースもあります。そのような場合は日本人同士でコミュニケーションをとることになるので、日本で開発をしているのと似たような状態で作業を進めていくことが可能です。

日本人のプロジェクトマネージャーが存在する場合は、ブリッジシステムエンジニアの外国人の人員が日本語に流暢でなくとも、プロジェクトマネージャー側から開発の内容を伝えて貰うことができるので、安心してサービスを利用することができます。プロジェクトマネージャーが日本人なのか外国人なのかも事前に確かめておくと、オフショア開発が成功しやすくなる筈です。

 

オフショア開発のサービスを利用するときに、英語などの外国語ができないとサービスを利用できないのではないのかと不安になりますが、実際には日本語だけでサービスを利用することが可能です。オフショア開発のサービスを提供している会社はたくさんありますし、日本向けにサービスを展開している会社であれば日本語が流暢に話せる人員が高確率で存在します。

ブリッジシステムエンジニアは日本語が話せる可能性が高いですし、プロジェクトマネージャーの部分に日本人を配置している会社も存在するので、日本で開発をするのと遜色のない状態でサービスを利用できる可能性が高いです。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧