システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発の今後の課題と問題点

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/21

企業にとって、高品質の商品を安値で仕入れることは理想的なことです。商品の原価を安くするためには、出来上がるまでの費用のどこをカットできるのか手段を講じる必要があります。システム構築・アプリ開発などのコストカットにおいては、規模の大きい企業を中心にオフショア開発が注目を集めています。

原価の安い国に外部委託するのがオフショア開発です

規模の大きい企業が取り入れているコストカット法のオフショア開発とは、システム構築や事務作業などの業務の一部を外国の子会社に委託することです。原価の基本的な内訳としては、商品を作るための材料費と完成させるまでに必要な人件費と設備投資費そして商品を作る際にかかる税金になります。

設備投資費と税金については原価の中でカットすることができない費用なので計上したままですが、コストカットは材料費と人件費を工面することで行います。材料費については系列もしくは提携している子会社に発注する際に、何度も話し合いをすることで費用を計上する形です。

ただ材料費のコストカットを行いすぎてしまうと、品質の悪い材料で作ることになるので出来上がった商品の耐久性などに品質問題が起きれば会社の信用度を落とす結果になってしまいます。材料費のコストをぎりぎりの範囲まで削ったうえで、最後に残るのが人件費です。

人件費は商品を作るうえで欠かせない人材なのですが、人数を削りすぎるとこれも商品の品質を落とすだけでなく残った人数に過度な負担がかかることになります。そこで人数を削らずにこれまでと同じ品質を作るために、一人当たりの人件費の安い海外に支社を作って商品を作るのがオフショア開発になります。

メリットも大きいが問題点もあります

オフショア開発を行うことで、企業と委託された国の双方に恩恵を与えます。企業にとってのメリットは、前述したとおりに人件費を削れることです。高品質の商品を作るためには、各部署で必要数の人材を活用して作業が滞りなく進ませる必要があります。

ただ国内や先進国では必要になる人件費が高くなるので、東南アジアや南米といった発展途上国だと通貨安などの理由で人件費が安くなります。人件費が安い国に委託することで、高品質の商品を作る際に必要な人数を確保できるだけでなく一人当たりで支払う費用も安くなるのでコストカットにつながります。

そして委託された国にとっても、自国の民の経済が潤うのは国の発展につながります。そこで外国の企業を誘致し、そこで自国民に働いてもらって正当報酬をもらうことができれば貧困の数を減らすことができるのです。委託された国が豊かになれば、その分だけ商品を購入する消費者が増えます。消費者が増えれば経済が回ることで、委託した企業の商品も購入してもらえる可能性が増えるので結果的に利益の好循環を生み出すのがオフショア開発のメリットになります。

ただ実際にオフショア開発を実行する際に、委託する企業がクリアしなければならない問題点があります。その問題点というのは、外部委託することで起きる技術の流出です。人件費が安い国に委託するという考えは、世界各国の同系列企業も同じように考えています。同系列企業にとって商品開発の大変さは理解しているので、相手の企業を出し抜こうとさまざまな手段を講じるのです。

その手段の一つにあるのが、他社の技術を知っている人材を引き抜くもしくは高額の報酬を与えることで個人から情報を聞き出すということをします。人件費が安いということは、逆に考えれば一人当たりの収入が安く生活が安定していないことを意味するのです。

そのため委託された企業の流出させることで法外な報酬が得られるとわかれば、たとえ違法だとわかっていても手を染める可能性は高いといえます。実際に世界の向上と言われている中国も、海外の企業を誘致するときに従業員を一定期間働かせた後に国営企業に就職させて商品を作ることで高品質の製品を作ることに成功させています。このように人件費が安い国に外部委託をするということは、この外部流出との戦いがあるということを知っておかなければならないです。

問題をどうクリアするかが今後の課題です

情報流出は、企業にとって相手企業が発展するきっかけになるだけでなく、商品情報を基に対策が取られるので今後の発展の障害になるのでデメリットが大きいでしょう。ただ人件費が高騰している先進国にとっては、コストカットは大事なので今後も人件費が安い国への委託の流れは止まらないと考えられます。

そこでオフショア開発を進めるのであれば、この問題点の課題をどうクリアするのか考える必要があるのです。流出による罰則規定を作ることも必要ですが、やはり原因が所得の少なさが起因しているので給料を含めた満足のいく福利厚生を相手国で働く従業員に与えることが大事です。流出による法外な報酬は一度限りで終わってしまうだけでなく社会的信用を落とすことを認知させ、それよりも継続的に働くことによるメリットを理解してもらいます。

 

オフショア開発をすることで、企業は人件費を削ることでコストカットをしつつ高品質の商品が作れて、そして委託された国と企業は従業員が豊かになることで生活が安定します。

ただ外部委託をするということは情報流出のリスクもあるのです、外部に漏れないように対策を練る必要があります。そのためには報酬以外にも、会社を好きになってもらえる仕組みを作ることで流出する可能性を低くさせることがこれから利用する企業の課題になるのです。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧