システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

レベルが高い人材がいるオフショア開発委託会社の特徴

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/04/13


ITやAI等の領域では、エンジニアの確保が課題となっています。日本国内でもエンジニアを雇うことは可能ですが、オフショア開発委託会社を利用するのも選択肢の一つです。そうした会社と上手に付き合うことで、確実に成果を上げることができます。また、オフショア開発委託会社を活用することで、開発コストの大幅な削減につながります。

優秀な人材を低コストで雇うことが可能

オフショア開発委託会社には、レベルの高い人材が揃っています。日本国内で優秀なエンジニアを探すとなると、単価が高かったり、既に他の会社にスカウトされていたりするケースがほとんどです。それに対して新興国では、優秀な人材を低コストで雇うことが可能です。

ベトナムやインドなどの新興国では、国をあげてIT教育に力を注いでいます。それゆえ、IT分野において優秀な人材が育ちやすくなっているのです。米国のIT企業などがそのような国の大学生などを青田買いしているほどです。IoTをはじめとするプロダクト関連では、グローバルな競争が繰り広げられています。

その中で生き残りを図るには、優れた製品を低コストで開発する必要があるでしょう。そこにはグローバルな戦略が必要となり、開発チームもグローバル化していくのが必然だといえます。オフショア委託会社を選ぶには、国から選ぶのが選択肢の一つです。

委託先となる国としてはインドをはじめ、中国やフィリピンなどが挙げられます。インドはオフショア開発の元祖ともいわれており、現在も人気の委託先の一つです。公用語に英語が使われており、欧米諸国のオフショア開発に重宝されています。また、インドはIT教育や数学に力を入れており、IT関連の優秀な人材が育ちやすい環境が整っているのです。何よりも人口が多いので、優秀な人材を確保しやすいのも魅力といえるでしょう。

オフショア開発の委託先となる国

オフショア開発委託の委託先として、現在中国の比重が高まっています。中国は日本と地理的に近い関係にあり、日本文化への理解のあるレベルの高いエンジニアも多いのが特徴です。委託単価は上昇傾向にありますが、IT都市である深セン市などは優秀な人材が揃っています。そうした都市では最先端技術が誕生しており、最先端技術によるプロダクト開発に適しているのです。

フィリピンもオフショア開発の委託先として、人気の国となりつつあります。何よりも単価が安いので、コストカットを優先したいIT企業に適しています。フィリピンもインド同様に英語が公用語なので、グローバルなチーム展開が可能になるのもメリットです。最近ではコールセンターの拠点ともなっており、プロダクト関連のカスタマーセンターなども設置できます。

オフショア開発の委託先で、現在最も注目を集めているのがベトナムです。ベトナムは勤勉な国民性が特徴で、真面目な性格は日本と共通するものがあります。

それ故、委託先パートナーとして接しやすいのです。ベトナムは国を挙げて科学教育に力をいれており、数学的思考力が高いもの強みとして挙げられます。実際、ベトナムではたくさんのAI関連のエンジニアを輩出しており、ロボット工学の面でも秀でているのです。

ベトナムは、日本企業のオフショア委託先として長い歴史があります。それゆえ日本企業の開発ノウハウを持っており、物事をスムーズに進めることが可能です。日本との時差も小さいので、ビジネスの打ち合わせなどをしやすいのも魅力でしょう。

委託会社の専門性を考慮した選定

ミャンマーは、オフショア開発委託先としては、比較的新しい国となります。国民性は穏やかで、協調性のレベルが高いのが特徴です。それゆえ日本人との親和性が高く、ビジネスパートナーとしても有能とされます。また性格が素直なので、エンジニアとしての適性も高いでしょう。

素直さゆえに学習スピードが速く、最先端技術の取得もスムーズに行われるわけです。適切な学習トレーニング体制が整っていれば、長くパートナーシップを構築できるのもメリットとなります。単価も低く抑えられるので、多額の委託コストを調達できないケースにも適しているのです。

昨今の技術の進歩は目覚ましいものがあり、ITと称される領域でも多様な世界が広がっています。それに伴い、委託先となる会社も得意領域が細分化される傾向となってきました。そのため、オフショア開発を委託する際には、それぞれの会社の専門性を考慮する必要が生じます。会社によって、Web制作に特化していたり、AIによる開発が得意だったりします。

その他、業務システム開発やゲーム開発など、専門領域で活躍できる会社が増加しているのです。専門領域でノウハウを高めることで、グローバルな世界でも活躍できるようになるのでしょう。オフショア開発を委託する目的は、コスト削減が主な理由となっています。国によって差はありますが、エンジニアの報酬は日本の半額以下で済むことがほとんどです。

 

オフショア開発を委託する場合、コスト的にメリットがある場合とない場合があります。後者であってもエンジニアのレベルが高ければ、パフォーマンスとして大きなメリットを享受できます。委託先会社の選定に関しては、担当者のコミュニケーション能力も重要なポイントです。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧