システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

初めてオフショア開発委託会社を利用するときに知っておきたい情報

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/25


コストを抑えてシステム開発を行う方法にオフショア開発があります。これは賃金が安い海外の会社に開発を委託する方法で、日本国内で依頼するよりも人件費が安い分、費用を抑えられることが特徴です。初めての方は不安を感じるかもしれませんが、オフショア開発についての基礎知識をあらかじめ得ておけば、失敗を避けることができるでしょう。

日本と異なる価値観を持っている可能性を考慮

オフショア開発は海外の会社に依頼をすることになるので、当然ほとんどの場合は委託先の従業員は外国人になります。そのため、日本で仕事を依頼するのとは異なった感覚を持っている可能性を考慮しておくべきです。

たとえば、日本人であれば仕事の納期に間に合わせることは当たり前の文化ですが、外国の場合はルーズである可能性もあります。ぎりぎりで納期を設定してしまえば間に合わなくなる可能性もあるので、初めて依頼する会社の場合は余裕を持って納期を設定するのがおすすめです。もちろん、オフショア開発を受託している海外の会社の中にはきちんと納期を守る優秀な会社もあります。

これらの点は利用前には判断しづらいものですが、口コミや過去の実績などを参考にすれば初めてでも失敗しない委託先を選ぶことができます。価値観の違いに関するリスクを下げるなら、日本人スタッフも在籍している会社がおすすめです。現地の優秀なスタッフの能力と人件費の安さを活かせるのと同時に、日本人のきめ細やかさも兼ね備えており、バランスがよいサービスを期待できるでしょう。

実績豊富な会社の中には、現地と日本の両方に拠点を持っているところがあります。この場合、何かあったときの対応を日本で受けることも可能です。日本の拠点を持つ会社では料金の面では最安値とはいかないかもしれませんが、安さと質のバランスが保たれているので選ぶ価値があるでしょう。

ブリッジエンジニアが橋渡しをしてくれる

オフショア開発で現地の会社に仕事を依頼した場合、現地の会社は現地の言語で仕事を進めていきます。これだけだと、依頼側が現地の言葉を理解していないと意思疎通に困難をきたすことがあります。そこで、ブリッジエンジニアという存在が間に入って、良好な関係を築けるようにサポートしていくのです。

もちろんブリッジエンジニアと呼ばれる存在は、単に言語を理解しているだけでなくエンジニアとしての知識も兼ね備えているため、技術的な調整も可能です。技術と言語の両面から依頼者側の希望をきちんと伝えるだけなく現地からの応答にも応えることができるので、その結果オフショア開発が成功しやすくなります。経験豊かな会社であれば優秀なブリッジエンジニアが在籍していることが多く、依頼を行う際に注目すべきポイントです。

また橋渡し役が優秀であればあるほど、日本の会社に依頼するのとほとんど同じ環境で依頼ができるので、文化の違いによる納期の遅れなどは起こりにくくなります。

ブリッジエンジニアはスタッフや仕事の進行管理なども行っており、仕事全般を円滑に進めてくれます。いかに仕事を受ける側の人材が開発能力に優れていたとしても、コミュニケーションがうまくいかなければそれを最大限に引き出すことができません。初めて仕事をお願いする場合は、とくにブリッジエンジニアの存在が重要となるのです。

得意とする分野を活かしてもらえる会社を選ぶ

オフショア開発でシステム構築を依頼するとしても、どんなジャンルの開発を依頼するのかはそれぞれです。ゲームのプログラミングを依頼することもあれば、業務用の管理システムの構築を依頼する場合もあります。当然ですが、それぞれの会社には得意とする分野があるので、どうせ依頼するのであれば経験値を活かしてもらえる会社に依頼した方がうまくいきやすいものです。

それぞれの会社が何を得意としているかは、オフショア開発を受託している会社のホームページで確認できます。また、これも口コミで依頼したことのある人の情報を調べれば、どんな分野に向いているか判断することが可能です。

そして、オフショア開発の実績も充分であることも重要な要素になります。海外には優秀な会社がたくさんありますが、優秀な会社のすべてがオフショア開発の経験が充分とは限りません。日本との橋渡しをしてくれるブリッジエンジニアの存在も同様です。依頼通りに仕事を進められるだけの連携が取れるのかということが問題となります。

これはオフショア開発の実績が何より物をいうことになりますので、失敗しないようにするなら受注の経験が豊富であることも考慮要素の一つとなるでしょう。それぞれの会社は依頼者を集めるために過去の実績情報について公開していることが多いので、会社選びの際は合わせてチェックしておきましょう。

 

人件費を抑えられても、納品されたシステムが充分でない場合や、納期遅れなどが生じてしまえば意味がありません。したがって、依頼先を検討する場合はしっかり比較をして、依頼内容にきちんと応えてくれる現地企業を選ぶようにしましょう。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧