システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発をするメリット・デメリット

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/24


オフショアでの開発ニーズが近年ではますます高まっています。オフショア開発をすることで思わぬ可能性も開けますし、日本のビジネス環境からグローバルな視点をもつこともできるでしょう。しかし、オフショア開発には想定外のリスクもありますから、実際にする際にはじっくりとコンサルティングファームに相談して検討しておかないといけません。

オフショア開発について詳しくなろう

オフショア開発は他人事だと考えていませんか。「自分はサービス業だから関係ない」という企業担当者もいますが、これは大間違いでもあります。どのような会社でもオフショア開発は検討する価値があり、オフショア開発をすることで新たなビジネスの可能性が開けることもあるようです。

オフショア開発にはメリットが多いことをしっかりと知っておきましょう。たとえば、世界市場で顧客開拓ができますから、もしも日本で行っているビジネスが低迷した場合でも対処可能です。日本国内だけで発展を狙うことは難しくなっているため、オフショア開発をして適切にヘッジしておくとよいでしょう。いってみればオフショアで開発するのは保険としての意味合いもあるのです。

他にも、昨今ではますますオフショア開発がしやすくなってきていることも利点の1つだと考えられるでしょう。従来はさまざまな面でコストがかかっていましたが、昨今ではIT技術の進化などによって海外事業所とのやり取りなども簡単に行えるようになっています。

他に、さまざまな助成金を使うことも可能です。日本国内でもオフショア開発に適した条件が整ってきているため、早めに海外進出を視野に入れるとよいでしょう。海外市場を知ることで、新しいビジネスを展開できる可能性もあります。日本では考えられなかったようなビジネスモデルを思いつくこともあるでしょう。オフショア開発におけるこのような可能性も見逃せません。

オフショア開発のデメリットについて知る

メリットが多いオフショア開発ですが、デメリットについても知っておくことが重要です。デメリットについて知っておくことで、より安心して事業に取り組むことができるでしょう。オフショア開発におけるデメリットの1つが現地の法規制です。

日本では法規制も急激に変化することはありませんが、発展途上国などにおいては法規制も急激に変化し、対応に困ることもあるようです。これは仕方ないことですから、事前に国ごとの特徴を理解しておきましょう。

また、必ずしも海外進出などが成功する保証はありません。確かに成功すればハイリターンなものですが、それだけハイリスクなことは忘れてはいけないのです。これも仕方ないことですが、なるべくハイリスクに対処するためにも徐々に海外で事業を展開していくといったことも欠かせません。これによってリスクを軽減させながら知識もつけていくことができるでしょう。

注意しておきたいのが調査不足の状態で海外に投資することです。実際、海外進出する企業向けの保険などもあるため、活用しておくことをおすすめします。さらに知っておきたいのが政変リスクなどです。日本の情勢は安定していますが、諸外国によっては政情不安定なところもあります。これによって事業計画が大幅に立ち遅れることにもなりかねません。

オフショア開発を実際にしてみる際には

このようにメリットとデメリットがあるものですから、オフショア開発を実際に行う際には考慮しておいてください。最もよいのがコンサルティングファームを利用することで、海外進出や海外市場調査に長けているところならば安心して利用できるでしょう。さまざまな角度から調査してもらえば安心して海外進出もしやすくなってきます。

コンサルティングファームに依頼すればオフショア開発向きの国なども紹介してもらえますし、数々の助成金等について知れることもあるでしょう。また、コンサルティングファームを利用することで各国の税制などについても知れるので、税の優遇なども受けやすくもなるのです。

他にも国ごとの労働環境の違いなどもわかってきます。こうしたことは、自分たちで調べるよりも専門のコンサルティングファームに調べてもらったほうが効果的でしょう。実際にオフショア開発をする際には準備を万全にしておくことも大切です。

とくに資金は充分に確保しておくことをおすすめします。また、撤退する際の撤退戦略などもコンサルティングファームに相談すれば、対策を立ててもらうことも可能のようです。いずれにしてもハイリターンな海外進出は念入りに対処することが求められてきますから、コンサルティングファームなどに相談してプランを練っていくとよいでしょう。

 

オフショア開発をしたいならばやっぱりコンサルティングファームに依頼して市場調査などをしましょう。また、さまざまなメリットとデメリットがありますから、入念に比較検討しておくことも大切です。海外進出を視野に入れる際には、資金面の確保も重要な課題となるでしょう。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧