システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発で失敗しないためのポイント

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/24

ITに関係している人や、システム開発の外注を検討している企業であれば、「オフショア開発」に興味を持つこともあるでしょう。しかし海外に業務を発注することになるため、思わぬトラブルに見舞われるのではないかという不安が先立つという人も多いかもしれません。今回は、オフショア開発のメリットや問題点、成功のポイントを紹介します。

「オフショア開発」とはそもそもどんなものなのか

「オフショア開発」とは、主にIT分野において、システムやアプリケーションの開発などを海外の企業に委託することを意味します。委託先の地域はアジアの新興国が多く、IT人材の育成が積極的に行われている国などが対象になっています。

最近はグローバル化によって、世界中のさまざまな地域に優秀なIT技術者がいるため、海外に人材を求める動きが増えているということがいえるでしょう。海外に業務を発注するメリットとしては、何と言っても開発業務などにかかる「コストを削減できる」ということがまず挙げられます。

ITシステムの開発にかかるコストというのは、人件費に占める割合が多いため、人件費の高い日本国内だけで業務を進めようとすると、全体のコストも高くなってしまいます。しかしアジアなどの海外は日本よりも人件費が安いので、そうした地域の企業に業務委託すると、必然的にコストを下げることができるのです。

そしてもう一つのメリットとしては、エンジニアなどの「人材を確保しやすい」ということが挙げられます。日本国内だけだと、充分な人材を集められないということもありますが、先ほども紹介したように海外にも優秀な人材はいるため、海外に業務発注をすると人手不足の解消にも役立つということです。

オフショア開発で起こりがちな問題点

オフショア開発には、コストの削減と人材を確保しやすいというメリットがあることは先ほども紹介したとおりですが、一方で問題点もあります。それは何かというと、まず挙げられるのは「コミュニケーションが上手く取れない場合がある」ということです。

お互いの言語の違うと、上手くコミュニケーションを取れなくなり、さまざまな情報を共有するのに手間がかかったり、言葉の解釈の違いによるトラブルが起こったりすることもあるでしょう。また、委託先の地域と地理的な時差がある場合は、緊急時などにすぐに連絡や協議ができないというリスクもあるといえます。

そして他にも、「価値観や文化、仕事の仕方などの違いがトラブルの原因になる」というデメリットもあります。残業や納期に関する考え方など、日本では当たり前のことでも、海外では価値観や文化の違いによってその考え方が違う場合も多いですし、そのことでトラブルになることも当然あるでしょう。そのため、いくら人件費を削減できても、全体的に見るとトラブルによって逆にコストがかさんでしまうということもあるのです。

失敗しないためのポイントとは何か

海外に業務を委託するというオフショア開発には、大きなメリットがある反面、やり方を間違えるとトラブルが発生しやすくなるというデメリットもあります。では、どうしたらデメリットや失敗を回避できるのかというと、まず挙げられるポイントは「委託する前にしっかりと準備をしておく」ということです。

海外にシステム開発などを委託するときは、その管理や監督をしっかりやることがとても重要になりますが、その業務を担う人のことを「ブリッジSE」といいます。ブリッジSEは、IT技術に詳しいのはもちろんのこと、日本語と委託先の言語・価値観などに精通していることが必要であり、そのうえで業務の管理や監督を行うという、とても重要な役割を担う人です。

委託前の準備というのは、つまり日本の企業と委託先の企業との懸け橋になるブリッジSEを用意することであり、それが成功のカギになるということです。また、海外に業務を委託する場合は、事前にシステム開発などの仕様を明確にしておくことも大切になります。

日本では、仕様書に書かれていないことでも暗黙の了解でカバーしてもらえることもありますが、海外では仕様書に書かれていることがすべてと考えておいたほうがよいでしょう。そのため、仕様書になかったということでトラブルにならないように、細かい部分での打ち合わせや確認も必要になります。

その他のポイントとしては、「委託後も相手企業と常にコミュニケーションを取るようにする」ということが挙げられます。海外の企業との付き合いでは想定外のことが起こることもあるため、常に連絡を取って早期に問題点を把握し、解決することで、リスクを最小限に抑えることが可能になるといえるでしょう。

 

「オフショア開発」とは、主にIT分野でシステム開発などの業務を海外(アジアなど)に委託することであり、人件費の削減や、人材を確保しやすいといったメリットがあります。

しかし、コミュニケーションが上手く取れないことや、価値観などの違いでトラブルが発生する場合があるといった問題点もあるといえるしょう。失敗しないためのポイントとしては、適切なブリッジSEを用意するなどのしっかりとした準備をしておくことや、相手企業と常にコミュニケーションを取ることが挙げられます。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧