システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフシャア開発導入までの手順

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/10

オフショア開発は海外の事業者や子会社に業務を委託及び発注することをいい、業務の分業に活用されています。顧客に対する営業や納品、設計などは本国で行い、テストや実装は海外でといった様な活用が多くされています。企業に大きなメリットもあるオフショアですが、活用していくにはどのような流れや手順が必要なのでしょうか。

活用することで得られる大きな3つのメリット

オフショア開発することで、日本の企業には大きなメリットが3つあります。

1つはどの企業でも頭を悩ましているコスト削減です。企業経営において最も費用が掛かるものといえば人件費でしょう。人件費は下げればよいという単純な話ではなく、仮に下げてしまえば人材を留めることも入れることも難しくなります。

では人件費を下げる方法はなく諦めるしかないのかといえばそうではありません。日本国内の賃金と海外の賃金は異なりますので、日本で実現できない削減を海外の人材を活かすことで人件費削減することができます。貨幣や物価などの価値はそれぞれの国毎に異なるのです。

2つ目は本国で人材不足している部門の解消です。代表的なのがIT部門であり、今や世界はIT社会になっていますが決して日本でIT技術のエンジニアが足りているかといえばそうではありません。企業によって不足している部門や求めている分野は異なりますが、このように人材が不足している分野を安く豊富にいる海外の国に委託することで、コスト削減と人材不足解消を同時に補うことができます。

最後の3つ目は企業の成長に欠かせないマーケットの開拓につながることです。日本ではものすごく人気であっても、海外に進出したらそうではないことは多々あります。当然文化も価値観も国毎に異なるので、海外進出は成長には欠かせませんが同時にリスクもともなうことなのです。

ではリスクや無駄な費用を発生させないようにするにはどうすればよいのかですが、しっかり現地のマーケットの実情を把握することが重要です。オフショア開発により実情を把握することにもつながり、戦略を練ってマーケット開発に挑めます。すぐに結果は出にくいこともありますが、長期的な成功を視野に入れた開拓の足掛かりを得られるでしょう。

なぜオフショア開発が近年注目されているのか

近年日本で注目されているオフショアですが、基本的にはソフトウェアの開発やシステム開発、その運用や保守を海外の企業や現地の法人に委託することに用いられています。ではなぜ広く活用されるようになったのでしょうか。

利用されるようになった背景には大きく分けて2つの理由があり、1つは日本では海外に比べてIT人材が不足していることが挙げられます。世界はグローバル社会であり、ITの開発も日々加速しています。ものすごいサイクルで加速しており、この前新しいことがすぐに古くなることが日常茶飯事の世界になっています。

この世界の波に乗って生き抜いていくには当然優秀なIT人材が多く必要ですが、日本は先進国の中でもIT分野はトップクラスかといえばそうではありません。人材の育成基盤も近年大急ぎで作られる程、担い手が不足しているのが現状です。人材確保に企業は当然動きますが、少ない希少な人材ですので人件費も高くなり、人材確保のコストから安価にソフトウェアを開発することが難しいのが実情です。

2つ目はグローバル化の加速が追い風になっていることです。グローバル化には大量の資金が必要でしたが、IT技術の発展によりグローバル化をサポートしてくれる企業も登場しやすくなり、海外進出の壁が崩れ進出しやすい社会になっています。資金を持っている大企業しか進出できなかったのですが、これらにより中小企業でも海外進出しやすくなりました。

導入のためには大まかな流れは知っておく

オフショア開発にはまず大まかな流れを理解しておく必要があります。まず必要なのが目的を明確にすることが重要であり、国内で行うより人件費が削減できますが経費は当然発生します。小規模の案件では逆にコスト面ではそこまでメリットが得られない場合もありますので、方向性や目的を明確にしておくことは重要になります。

開発国は基本的に日本よりもコストの低い国を選ぶことになりますが、コストばかりに目がいきすぎるのは危険です。その国によって文化や価値観は異なるので、スキルはあっても風土や国民性的にルーズであり納品期限を超えるなんてことも起こり得ます。

逆にコストは安いが質が低いこともあり得ますので、人件費等だけでなくそれらも検討して開発国を選ぶ必要があります。仮に少し人件費が高くても、日本国内への製品開発が進んでおり実績がある国だとノウハウも熟知しているので結果として円滑に物事が進み得になります。

リスクや価値などを検討して最適な開発国や企業を選びますが、それらを自社だけで行うことはとくに初めてオフショア開発を進めている企業だと不安でしょう。仲介会社を活用して進めることも大きなメリットにつながります。

契約方法もプロジェクト単位で発注する受託型や、現地に開発チームを置いて行うラボ型などがありますので、ノウハウを熟知しているオフショア開発仲介会社を活用すると円滑に物事が進みます。サポートしてくれる仲介会社にはそれぞれ分野があるので、自社の目的に適した分野に強い仲介会社を活用するとよいでしょう。

海外に委託するのでコミュニケーションは重要です。言語も現地のもので仕様書も翻訳する必要があります。相手国に配慮した開発環境や準備が必要なので、仲介会社を活用するのはマストといえます。すべてが整ったから終わりではなく、しっかり自社で製品を検証することが重要になります。仕様書通り合致しているのか検証まで気はぬけません。

 

オフショア開発は、今や多くの企業が行っている仕事の分業方法です。日本ではすべて行うとどうしてもコストが高くなることを、一部海外の企業や人材に委託することで人件費などのコストを削減することができます。それにより安価な製品を生み出すことにつながります。

高い製品は売れにくい背景もあり、安く一般に提供するには開発コストや人件費削減は欠かせません。それを実現するのがオフショア開発であり、導入には自社だけでは難しいので仲介会社が活用されています

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧