システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発がおすすめの業種はある?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/10

オフショア開発の利用には、業種によって向き不向きがあります。興味はあるものの、自社にとってオフショア開発が合っているのか、やめた方がよいのかで悩んでしまうことは珍しくありません。どんな内容をアウトソーシングするのに向いているのか、一般的なアウトソーシング先の事情から考えてみましょう。

業種によって向き不向きは確かにある

オフショア開発には業種によって向き不向きがあるのは確かです。アウトソーシング先の業者の状況として、基本的には東南アジアの各国で育ってきたエンジニアが業務を担当することが挙げられます。東南アジアでは日本と比べてもエンジニアの社会的地位が高く、エリートが目指す職種として知られています。そのため、東南アジアの優秀な人たちに業務を担当してもらえるのは魅力でしょう。

しかし、技術水準については全般的に見ればあまり大きな違いはないものの、最先端の技術については欧米に比べると遅れを取ってしまっていることは否めません。だんだんとギャップが狭くなってきているのは確かですが、新しい技術を用いて斬新なシステムを開発したいときには向かないのです。そのため、IT業界の中でも新しい業種はオフショア開発を利用するのに適していません。

一方、ある程度技術的な基盤ができているケースでは優秀なエンジニアが大勢いるので適切かつスピード感のある対応をしてくれるのでメリットが大きいでしょう。そのため、既に基盤技術として使われているような分野の場合にはオフショア開発を使うとコストパフォーマンスが上がりやすくなっています

また、技術だけでなく文化による違いも考慮する必要があるでしょう。たとえば、イラスト制作を含む仕事を依頼するときには問題が生じがちです。国によってどのようなイラストが一般消費者に受け入れられるかが異なるため、アウトソーシング先が作成したイラストでは国内受けしないという問題が生じる可能性があります。一般消費者をターゲットにするときには国民性の違いの影響を受けやすいのであまり向かないと考えるのが妥当です。

アウトソーシングの性質による向き不向き

そもそも国内外にかかわらずアウトソーシングによる開発という点で業種による向き不向きが生じる部分もあります。技術開発とも深いかかわりがありますが、創造性があって特許にもなり得るようなシステムを開発するときにはアウトソーシングは適していません

社内で開発して知財として確保し、他社の追従を許さないようにすることで市場の獲得にも拡大にも有利な立場になれます。AI関連の開発のように新規性や進歩性が生まれる可能性が高い分野ではオフショアに限らずアウトソーシングは避けたほうが無難です。

新しい技術基盤になるようなシステム開発については業種を問わずにアウトソーシングには向きません。ただ、技術基盤が確立している場合や、ゲームアプリのように特許性を持たせるのが難しいシステムの開発の場合にはアウトソーシングによるデメリットが生じにくいでしょう。

オフショア開発に適している業種とは

このような状況を考えると現状ではどの業種がオフショア開発に適しているのでしょうか。基本的にはソフトウェア開発は全般的に向いていますが、とくにBtoBの場合には消費者の国民性の違いが大きな影響を及ぼさないので安心です。国民性の違いが問題になりそうなケースでは完全なアウトソーシングにはせずに、ある程度の仕様は自社から要求事項として提案すれば問題は解決されるでしょう。

同様の考え方をすればスマートフォンのアプリやソーシャルアプリ、ウェブサイトの作成やウェブシステムの開発なども向いています。ゲーム業界でも方針によってはアウトソーシングすることで業務スピードを向上させられるでしょう。

日本はゲーム開発のクオリティーが世界トップレベルといわれているので、クオリティー重視の開発では海外へのアウトソーシングは適していません。しかし、販促用の簡単なゲームや無料のオンラインゲームの開発であればトータルで請け負ってもらえて開発も早いので魅力的でしょう。

逆にオフショア開発に向いていないのはAI分野やVRです。また、データマイニングの分野もデータの整合性を持たせるのが難しいことから国内外にかかわらずアウトソーシングには向いていません。このような業種では必要な人材を確保して社内開発を進めるのが長期的に見ると企業に大きな利益をもたらすでしょう。

 

海外へのアウトソーシングであるオフショア開発を有効活用するには海外へのアウトソーシングという点に留意してデメリットを被らないかどうかを考えるのが大切です。特許性のある技術開発の可能性があるような業界では避けるに越したことはありませんが、基盤技術が確立されている業種ならスピーディーな開発を進められるので利用価値が大きいでしょう。技術開発の状況に応じて向き不向きも変わっていくので、思い立った時点で有用性を検討するのが肝心です。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧