システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発をする上での管理体制の整え方

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/24


オフショア開発はIT関連のシステムに関わっている方は耳にしたことがあるでしょう。システム開発などの外注先を海外に委託することです。コスト削減や優秀な人材及び不足しがちであるIT関連の労働力を確保することを目的としています。メリットは大きいですが海外の開発者とやりとりをするのでリスクもあり、備えも万全にしたいものです。

近年のオフショア開発の動向や基礎知識

賃金の安い海外の企業に、システム開発などの一部業務を委託するのがオフショア開発です。ITは世界全体でなくてはならない存在になっていますが、日本は少々遅れているのが現状だとされています。国策で労働力の向上を促していない面もあり、国内では労働力自体が不足しがちになっているようです。

労働力不足が慢性化している現状を打破するのが目的であり、優秀なシステムエンジニアを育成している国に委託することで補うことが可能になります。委託先は優秀なシステムエンジニアが多くいる国や育成に力を入れている国であり、アジアではベトナムが先駆けて20年程前よりIT人材育成に力を入れています。

オフショア開発は日本だけが行っているわけではなく、経済成長している国も行っているので、海外の人材確保も競争化している状態です。委託する目的は人材確保だけでなく、コスト削減もあるので、オフショアしてコストが増えるのではデメリットが懸念されるでしょう。

中国のように経済成長している国では国内の賃金上昇もあるので、海外に依頼する動きが活発になっており、インド・ベトナム・フィリピンなどへのオフショアが増えています。もともとは大手企業が委託元ではありましたが、近年は中小企業が委託元であることも増えているようです。多くの企業が活用していることもあり、海外の人材確保の競争が激化しているのが現状です。今後もニーズは高まる傾向にあるでしょう。

メリットは得られるが壁も存在している

オフショアで委託されている業務は多岐にわたり、システムやソフトウェアにアプリケーションの開発、運用、保守などが挙げられます。これらを一部またはすべて委託することになるのです。コスト削減と労働力の確保はとくに得られるメリットであり、日本国内より人件費は削減できるでしょう。

エンジニアのコストを削減できれば開発にまわせるため、開発コストも削減できます。それだけではなく優秀なエンジニアを確保しやすいので、さまざまな注文を行っても対応しやすいでしょう。大規模でも短期の納期の注文でも可能なのはオフショア開発ならではです。

海外に委託するので言葉の壁が懸念されそうですが、プログラミング言語やITの技術は世界共通なので、言葉の壁はそれほど問題にはなりません。しかし、それはあくまでシステム開発などです。プログラミング言語などは世界共通であっても他の部分は共通ではありません。コミュニケーションが取りにくいことから、仕様書の翻訳や情報共有の部分で手間が発生することはあるでしょう。

また、文化や習慣は異なりますので、ビジネスに対する考え方も違うことから、トラブルに発展するリスクもあります。時差の違いから緊急時の対応が遅れたり、成果のクオリティが低くなっていたりすることもオフショア開発の失敗事例としてよく知られています。人件費や開発費自体は下げられても、全体で計算すると逆に費用がかさむことにもなりかねません。それを避けるためには入念な打ち合わせと管理体制の整備は成功に欠かせないでしょう。

オフショア開発成功を実現するためのポイント

優秀な人材の確保やコスト削減を真に成功へと導くのは、管理や監督をしっかりできているかにかかっています。オフショア開発では何よりも発注企業と委託先の海外エンジニアをつなげる存在が重要です。ブリッジSEと呼ばれる発注先と委託先両国の言語や価値観を熟知しており、業務の円滑な遂行や推進を行える存在が必要とされています。

現在でも日本語の話せる外国人の人材がブリッジSEとして現地に配置されているのが一般的です。すべてをブリッジSEに任せないことが管理の面で大切であり、打ち合わせは綿密に行うことが成功のカギになるでしょう。ブリッジSEと頻繁にコミュニケーションをとることで、認識のズレを修正できます。

また、開発を成功に導くのはしっかりと管理などできる体制を整備することでしょう。しかし、発注先の会社を選ぶ時に、しっかり目的に合致した会社を選ぶことでより安全性は高まります。日本に拠点を持っている開発会社は多く、その多くはブリッジSEに日本人を採用している企業も増えているようです。

管理及び監督の整備や体制作りが重要と理解している企業を選ぶことで、従来のブリッジSEの抱える課題である出戻りやコミュニケーションロスを抑えられます。管理体制の整備や打ち合わせなどで忘れてはならない部分は、暗黙の了解は存在しないことです。仕様書に書かれていないことは実装されないケースが多いことも、失敗回避のために覚えておく必要があります。

 

オフショア開発は国内のIT人材の不足を補い、コスト自体も下げられる選択肢です。海外と日本の文化やビジネスマナーは異なるので、成功にはつなげるには監督・管理するブリッジSEの存在も不可欠です。ブリッジSEと良好な関係性を構築していくことが重要でしょう。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧