システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発でよくあるトラブル

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/24

WEBサービスやアプリを開発するときにエンジニアなどの技術者の力が必要になりますが、人手不足になっている日本国内で優秀なエンジニアを確保するのは難しいです。そんなときはオフショア開発を利用するのが便利ですが、海外とのやりとりの中でトラブルが発生する場合もあります。よくあるトラブルを事前に確認し、備えておきましょう。

言語の壁でトラブルが発生する可能性がある

国内でWEBサービスやアプリを開発する場合は、日本人のエンジニアの力を借りることになりますから、コミュニケーションは問題なく取れることが考えられます。しかし国内で優秀なエンジニアを確保するのは人手不足の現実もあり難しいですし、人件費が非常に高くなってしまう可能性が高いです。

人件費が高くなってしまうことで、開発コスト自体が高くなってしまいますから、できるだけコストを削減するために何かしらの工夫が必要になってきます。そんなときにオフショア開発のサービスを利用すれば、簡単に人件費の部分でコストを削減することができます。

オフショア開発は海外のエンジニアチームに開発を任せるサービスになるので、日本人よりも人件費が安くなる東南アジアなどを中心にサービスが提供されています。東南アジアなどに存在する会社のサービスを利用すると、基本的にベトナム人などのエンジニアに開発を任せることになりますから、ベトナム語や英語などが話せないと上手くコミュニケーションが取れないケースも存在します。

開発のサポートを受けるために英語などの外国語を一から学ぶのは大変ですから、サービス利用後にコミュニケーションの部分でトラブルを抱える前に日本語でサポートを受けられるのかを確認しておくのが大切です。

ベトナムの会社の多くは日本語が堪能なスタッフを雇用している、あるいは品質管理やコミュニケーションの部分には日本人の人員を配置しているケースが多いので、言語の壁は起きにくい特徴があります。日本語でコミュニケーションを取ることができれば、間違った認識の状態で開発を進められてしまうようなトラブルも未然に防げるはずです。

時差でトラブルが発生する可能性もある

オフショア開発を利用する国によっては日本との時差が大きくなるケースがあり、時差が大きくなるような所でサービスを利用してしまうと、開発が上手く進まないような問題が発生しやすいです。オフショア開発の会社がたくさん存在するベトナムでは、時差が日本と大体2時間程度しか違わないので、リモートワークをするときにも問題なく開発を進めていくことができます。

インドの場合は3時間半程度の時差になりますから、ベトナムよりは若干時差があります。オフショア開発の会社の中では時差についても配慮をしているケースがあり、日本側の時間に合わせて開発を進めていけるように就業時間を調整してくれている所もあります。

時差が余りにも大きい国でサービスを利用してしまうと、開発をするときに疲れてしまったりしてトラブルが発生してくる可能性が高いです。そのため時差が大きくない国の中からサービスを利用する会社を選んだほうが、長期的にサービスを活用していきやすくなります。

エンジニアの質の部分でのトラブルもある

高品質なWEBサービスやアプリを開発して欲しい場合は、開発するエンジニア自体のスキルも重要になってきます。スキルの低いエンジニアの開発を任してしまうと希望したようなアプリなどを開発してもらえない可能性が高いので注意が必要です。

オフショア開発はエンジニアと実際に触れ合うことなく開発の作業を進めていくケースもあるので、どのぐらいのレベルのエンジニアに開発を任しているのかを把握できないケースがあり、そのような状況になるとトラブルに発展することが考えられます。

オフショア開発の会社の中には事前に依頼主に対して、エンジニアのスキルを確認してもらうようなサービスを用意している所もありますから、そのような会社でサービスを利用したほうが安心です。

また会社によってはエンジニアだけでなくサービス全体の質を確かめられるように、無償のトライアルを用意しているケースもあるので、会社選びのときに意識しておきたいポイントになります。開発コストを抑えられても、開発されたアプリなどの質がよくなければ意味がないですから、トラブルを未然に防ぐためにも、会社選びは慎重になるのが大切です。

 

オフショア開発は海外のエンジニアを簡単に利用することができて便利なサービスですが、トラブルが発生するケースも存在します。海外のエンジニアに開発を任せることになるので、言語の壁が発生してしまうと英語などの外国語が話せないとコミュニケーションが取れないような状態になってしまうので注意が必要です。

また海外のエンジニアと一緒に開発をするときに時差の問題が発生することで開発が円滑に進まないケースもあるので、その点も気をつけたいポイントになります。

他にも海外のエンジニアを利用することにより、どのぐらいのスキルを持っているのかを把握しにくいような問題もあり、開発時や納品時にトラブルが起きることがあります。これらのトラブルを事前に解決するための策をベトナムのオフショア開発の会社などは用意しているケースがあるので、そのような優れた会社を利用することで安心してサービスを活用することが可能です。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧