システム開発の責任者必見!オフショア開発におすすめの委託企業を比較形式で紹介します!

オフショア開発にはどんな種類がある?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/21

業務システムや集客用のアプリを開発するときに、エンジニアなどの力が必要になります。オフショア開発のサービスを利用することで海外の優秀なエンジニアの力を借りることができますが、契約の種類を事前に把握しておくのが大切です。目的によってベストな契約の種類がありますから、お得にサービスを利用するためにも必要な知識になります。

オフショア開発では契約方式を決める必要がある

業務システムやアプリを開発するときに必要になるエンジニアをオフショア開発のサービスを利用すれば、簡単に確保することができます。オフショアは海外という意味がありますから、日本語に直すと海外で開発するという意味になります。

海外でシステムやアプリを開発するためのサポートをしてくれる会社はたくさん存在するので、サービスを利用すること自体は難しくありません。ただ、サービスを利用するときに契約方法を決める必要があり、契約の種類によってサービスの内容にも違いが発生してきます。

そもそもオフショア開発を利用する理由として、日本国内で優秀なエンジニアを確保するのが難しいという現実があります。優秀なエンジニアには希少価値があるので、国内で確保しようとすると高い人件費を用意しなければいけませんから、莫大な開発コストが発生してしまう可能性が高いです。

そのような問題を解決するためにもオフショア開発を活用するのが重要になりますが、契約方法に受託型契約やラボ型契約があるためどちらで契約を結ぶのかを決める必要があります。プロジェクトの規模や目的などで選んだほうがいい契約の種類が変わるので、の特徴も理解しておくのが大切です。

受託型契約はシンプルな内容で契約を結べる

オフショア開発には種類があり、受託型契約を選択することで、簡単にサービスを利用することができます。受託型契約はお客さんが仕様書を委託先に提示することで、その仕様書に沿った開発をして貰えます。すでに開発して欲しいシステムなどの内容が決まっているときにこの契約方法に選択すると、効率的に欲しいシステムやアプリを手に入れることが可能です。

ただ途中で仕様変更などをすることで追加のコストが発生することもあるので、途中で仕様変更をしないで大丈夫なようにお客さん側で事前の準備をしておく必要があります。受託型契約の場合は委託先の会社に存在する日本人のプロジェクトマネージャーや日本語が話せるブリッジシステムエンジニアなどとコミュニケーションを取る必要があります。

日本人のプロジェクトマネージャーが存在する場合は、その人物から進捗状況などを聞くことになる筈です。日本向けのオフショア開発の会社であれば、基本的に日本語が使える人員が少しは存在しますから、言語の問題は感じないで済むと考えられます。受託型契約は納期なども決められていますし、依頼した開発が完了した段階で契約が終了するので、初めてサービスを利用する人にも分かりやすいです。

ラボ型契約は開発チームを借りられる

受託型契約ともう一つラボ型契約がオフショア開発には存在しますが、ラボ型契約は開発チームを契約している期間中だけ借りることができます。受託型契約はお客さんの仕様書の通りに開発をして納品する形になるのに対して、ラボ型契約は開発チーム自体を確保できる所に違いがあります。

開発チームを借りられる魅力としては、お客さんが開発したいシステムやアプリなどに対しての理解を開発チームで深めていける点です。どのようなシステムやアプリを求めているのかを開発チームで共有しやすくなるので、質の高い開発を実現しやすくなります。開発チーム内に抱えている人員の特徴も理解することができますし、メンテナンスなども任せやすくなるのが特徴的です。

ただ半年や1年といった期間で契約を結ぶことになりますから、仕事がない期間が長く続くと損をしてしまう可能性もあります。そのため継続的に仕事を用意できるお客さんが選びたい、契約の種類です。

またラボ型契約には遠隔チームと常駐チームの種類があり、遠隔チームで開発を進める場合はオンラインを使用して指示を与えていくことになりますし、常駐チームの場合は委託先の会社にお客さん側のスタッフを派遣させて一緒に作業をしていく形になります。いろいろなサービスの利用方法がオフショア開発にはあるので、利用する会社からの説明をしっかりと聞いておくのが大切です。

 

オフショア開発の契約には複数の種類が存在します。会社によっても若干のネーミングの違いがありますが、受託型契約とラボ型契約を用意しているケースが多いです。受託型契約はシンプルにお客さん側が仕様書を委託先の会社に提示することで、その内容に沿って開発を進めて貰うことができます。

基本的に開発されたシステムなどが納品された時点でサービスが完了されるので、分かりやすく契約を結ぶことが可能です。ラボ型契約は契約した期間中だけ開発チームを借りられるサービスになっており、定期的に開発が必要な会社が利用すると便利な契約になります。またラボ型契約の中でも遠隔チームや常駐チームなどの種類があるので、オフショア開発にはいろいろなサービスの利用方法があって便利です。

おすすめのオフショア開発会社

商品画像
商品名株式会社コウェル株式会社Sun Asterisk株式会社ハイブリッドテクノロジーズ株式会社RikkeisoftFPTジャパンホールディングス株式会社
特徴中~大規模なシステム開発に強いワンストップで提供オンサイト×オフショアのグローバル開発テクノロジーで社会貢献世界標準プロセス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧